パンの保存方法と美味しい食べ方

パンは生鮮食品と同じですので、ぜひお買い上げいただきました当日に、お早めにお召し上がりください。
出来立てのデニッシュ、出来立てのバケット、出来立ての食パンに勝る美味しさはありません。でも、どうしても保存される時はこんな方法が最も適しています。
重要なことは「乾燥させない。冷蔵庫に入れない」です。冷蔵庫の+5℃前後は最もパンが劣化します。温め時間はご家庭のトースターによって調節してください。

天然酵母のパン

天然酵母パンはイーストのパンよりも基本的に長持ちします。湿度が高い時や真夏以外は常温で2〜3日は大丈夫です。きちんと袋に入れて乾燥しないようにし、涼しいところに置いてください。熟成して味に深みが出ます。
食べる時は1cmくらいにスライスし、そのまま又は霧を噴いて少しトーストしてください。かたまりで焼くなら、たっぷり霧を噴き、ホイルに包んで長めに8分ほどトーストし、その後ホイルをとって1分ほど温めていただきますと、外はカリカリで中はふんわりと美味しく焼き戻せます。
チーズやいろいろなDELIと合わせて毎日の食卓にどうぞ。食べやすくスライスしてお召し上がりください。

食パン

適当な厚さにスライスし1枚ずつラップしてから袋に入れ冷凍してください。
食べる時は凍ったまま熱く予熱したオーブントースターで焼いてください。

チーズを使ったパン

チーズの入ったパンや載ったパンはぜひ焼き戻して食べてください。霧を噴いてホイルに包んで8分ほどしっかり焼くと、チーズがとろけてとても美味しいです。

バケット、リュスティックなどのプレーンなパン

好みの厚さ、もしくは1度に食べきる分に切り、ラップして袋に入れ冷凍(買った当日に)。
食べる時は、スライスなら、霧を噴いて予熱したオーブントースターでカリッと。かたまりなら、霧をたっぷり噴いてホイルに包み、トースターで8分ほど。その後ホイルを取り、もう1分ほど焼くと外はカリカリで中はふんわりと戻ります。
焼き戻し後は、お早めにお召し上がりください。

クロワッサン、デニッシュ

霧を噴いてホイルに包み6分ほど。その後ホイルをとって予熱で1分。カリカリサクサクになります。ホイルと予熱が重要です。
冷凍した場合は、自然解凍してから、上の手順で焼いてください。
(フレッシュフルーツを使用したデニッシュは、出来るだけ当日にお召し上がりください)

サンドウィッチ類

サンドウィッチ類は、新鮮な素材を使用しておりますので、お買い上げ後出来るだけ早くお召し上がりください。